パソコンとタブレット
  • ホーム
  • YouTubeは多くの企業が活用している

YouTubeは多くの企業が活用している

現在多くのソーシャルメディアが多くのユーザーに利用されていますがその中でもYouTubeの利用者は特に多くなってきています。
また日本ではネットを利用する人の7割以上がYouTubeを利用したことがあるという調査結果もあり、大きな影響があると考えられます。
そこで、多くの企業がこのYouTubeをビジネスに活用しています。
例えば動画の合間などに流れる動画広告がありますが、これはYouTubeに広告を載せたい企業が広告費を払うことで利用可能です。
この動画広告のメリットは、テレビコマーシャルなどよりもはるかに安い費用で利用可能で数十円から広告を掲載することができます。

また、個人事業主でも手軽に広告を掲載することができ、さらにこの広告費が発生するのはユーザーが興味をしめしたときのみなので、あまり広告費をかけることのできない個人事業の大きな味方です。
YouTubeのビジネス活用の方法は他にもあります。
YouTubeに自社の商品の紹介や求人動画を投稿している企業もあり、YouTubeのマーケティング利用への可能性はとても大きくなっています。

ただし、これにはデメリットもあります。
それは、初期の頃は動画の再生数がなかなか伸びにくく、自社チャンネルの登録者も伸びにくいということです。
広告は自動で再生されますがそれ以外の動画はユーザーが自分から検索して見に来るためいかにユーザーの興味を集めるサムネイルやキャッチコピーを用いるかでその効果は大きく変わってくると考えられます。
また、自社ブログや、公式ホームページ、SNSなどと連携して運用することでデメリットをカバーしていくことが重要になります。

YouTubeを教育に利用することも可能です。
今現在幼児教育のための動画や、英語などの語学教育のための動画など様々な教育動画が投稿されています。
また、YouTubeが公式に教育機関向けのリソースを提供しておりYouTubeの教育利用に関するマーケティングも広く活用されています。
ただし、ここにも上で記したものと同じようなデメリットは存在し、いかに良い教育動画でもユーザーがその動画に気づかず素通りされてしまってはチャンネルの拡大は難しくなります。
なので自社のホームページにYouTubeの動画とのリンクを貼り付けユーザー利用しやすいようにしていくことが重要になってくると考えられます。
このように様々な企業がYouTubeをマーケティングに取り入れて活用しています。

関連記事