パソコンとタブレット
  • ホーム
  • Facebookをビジネスで利用する方法と一例

Facebookをビジネスで利用する方法と一例

Facebookを単なる交流用のSNSとして活用するだけではなくビジネスツールとして活用し、仕事に生かしている人は少なくありません。
特に個人事業を行っている人の場合、個人アカウントだけではなくFacebookページを開設して自分の事業の発展に役立ててこそ、Facebookのメリットを最大限生かすことができます。
Facebookページは多くの企業も有効活用しており、個人事業においてもマーケティングやブランディング戦略に役立つさまざまなツールを利用して運用を続けることで、自分自身のビジネスの発展に生かして行くことができます。

Facebookページでは個人アカウントとは違ってインサイトという分析機能を利用することが可能で、その効果的な活用方法を抑えておくためにもいくつかの専門用語を把握しておくなど、ある程度知識を得ておかなければなりません。
インサイトの活用方法をしっかりマスターしておくことがFacebookのビジネス利用での成否を握る面があり、登録後に速やかに覚えて日々インサイトをチェックして、投稿への反応の良し悪しやユーザーの属性などを見極めて戦略に生かし、実際の売り上げや新規ユーザーの開拓に繋げるなどメリット獲得を徹底したいものです。
Facebookページには販売ページや予約ページにすぐに遷移できるボタンが設置できるため、ユーザーに好感を持ってもらえればすぐの売り上げ等に直結させることが可能です。

Facebookページこそビジネスへの活用の肝になるツールですが、デメリットとしてはFacebookアカウントを有していない人へのアピール度が今一つという点で、それを補うには他のSNSとの連携を徹底させてそれぞれの管理も行う必要があるため、個人事業を行っている人の場合は肝心の仕事以外にそれらに時間を取られがちになる面があります。
Facebookページの投稿内容に関してもややコツがあり、あからさまな宣伝の投稿ではユーザーのマイナス感情を喚起しやすいため、むしろ宣伝は二の次といった雰囲気で閲覧する人の共感を呼ぶような好感度の高い投稿が望ましいとされています。
日常の話題などでそういったムードの投稿ができる人は無理のない運用が可能ですが、そうでない人は一般受けしそうな写真や動画にこだわるなど、ある程度の工夫をする必要が出て来ます。

SNSの投稿が楽しくユーザーとの交流そのものも自然に行える人であればFacebookページを楽しみながら運用してビジネスの興隆に役立てるというメリットをたっぷり得ることができますが、そういったことに苦手感を抱く人には仕事以外の煩瑣な手間が増えるというデメリットが目立って来てしまいます。
企業の場合はSNS専門の担当者が専任で行いますが個人事業ではすべて自分自身で行う必要があるため、運用のためにある程度時間が必要であることを認識してから始めることも大事です。
投稿や交流が楽しめるタイプの人は、運用に夢中になるあまり本来の業務を疎かにしないよう気を引き締める必要があります。

関連記事