パソコンとタブレット
  • ホーム
  • 憧れのインスタ認証バッジ

憧れのインスタ認証バッジ

インスタグラムのアカウントの横に青いチェックマークがついているのを見たことがある人は少なくないでしょう。
何気なく目にするこのマークは、有名人やインフルエンサー、ブランドや企業などが付けていることが多いです。
実はこの青いチェックマークはインスタ認証バッジと言って、取得すると著名人や有名人、グロ―バルブランドの公式アカウントであることの証明になります。
2014年12月に導入されたものですが、認証バッジの制度が導入されたのは、有名人やブランドがなりすましの被害に遭う可能性が高いからです。
なりすましアカウントに騙されないための1つの施策で、インスタグラムで好きな有名人が本人かどうか見分けるための手段になります。

認証バッチがあるインスタグラムは間違いなく本人のアカウントなので、ファンは安心してフォローすることができます。
もちろん誰でも取得できるわけではなく、海外企業や海外からのフォロワー数が多かったり、有名グループに属していたり、フォロワー数が1000万人を超えているなどの条件が必要です。
これらのいずれかの条件に当てはまれば、認証バッチを得られる可能性が高く、海外フォロワーが多い日本の有名人は認証バッチを取得しやすいです。
基本的にフォロワー数が多い人は認証バッチが付きやすく、企業は海外企業が付きやすい傾向にあります。

インスタ認証バッチを付けることの最大のメリットは、本物のアカウントである証拠になることです。
インスタグラム側がこの人は本物の有名人やブランドであると認識しないと認証バッチは受けられないので、取得した人は本物である証明になります。
アカウントに信頼性を与えることができ、ストーリーにリンクを追加できるのも今のところ認証バッジのあるアカウントだけです。
フォロワーへの影響力が大きいのもメリットで、有名人や有名ブランドがよりファンとの距離を近づけるための架け橋になります。

検索で上位に表示されやすくなるのもインスタ認証バッジのメリットです。
認証バッジを保有するアカウントはインスタグラム内の検索で上位に配置されやすく、優先的に新機能が利用できることもあります。
ユーザーの安心感や信頼感につながるのもメリットの1つで、認証バッジがあると一目で本人であることが判断できます。
そのため、ユーザーは安心してアカウントの情報をチェックしたり、アカウントに関連するコンテンツにアクセスすることが可能です。

認証バッジは有名人やブランドのみに発行しているものですが、ネット上のブラックマーケットではインスタ認証バッチが販売されていて、インフルエンサーコミュニティでは公然の秘密になっています。
アカウントが高く売買されているのは、インスタ認証バッジが誰でも取得しようと思えば簡単にできる他のSNSとは違うからです。

関連記事